TEL:048-921-7371

〒340-0023 埼玉県草加市谷塚町1363-1リレント谷塚1F

草加市の歯科なら「きたはら歯科医院」

一般歯科・小児歯科

HOME»  一般歯科・小児歯科

虫歯ってどんな病気?

虫歯とは、口内に溜まった歯垢(プラーク)に潜む酸によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯は自然治癒しないため、放置するとどんどん進行していきます。悪化すると最終的には抜歯しなければならないこともあるため、早期発見・早期治療を心掛けることが重要です。

こちらでは虫歯の症状と、それに合わせた治療法をご紹介します。

症状から治療法を見てみよう

症状 段階 治療法
歯の表面のエナメル質が少しずつ溶けはじめた状態。
痛みはありませんが白濁が見られます。


C0
(脱灰)

適切な歯磨きと予防処置により再石灰化します。
歯の表面のエナメル質が溶けた状態。
痛みはありませんが黒ずみが見られます。


C1
(エナメル質の虫歯)

エナメル質を削り、コンポジットレジンという詰めものを詰める処置をします。
歯の内側にある象牙質まで虫歯が侵食した状態。
冷たいものなどで歯がしみます。


C2
(象牙質の虫歯)

虫歯になった部分を削り、詰めもの詰めて保護します。
神経まで虫歯が進行した状態。
激しい痛みや炎症が起こります。


C3
(神経まで進行した虫歯)

神経を取り除き、被せものを装着します。
歯根まで虫歯が進行した状態。 神経が死んでいるため痛みはありません。


C4
(歯根まで進行した虫歯)

抜歯をした後、インプラント義歯、ブリッジなど適切な義歯治療を行います。

お子様の歯を守る小児歯科

小児歯科は、お子様を対象とした歯科診療科目です。生涯にわたって使用できる歯の基礎をつくることや、永久歯が適切に生えてくるようコントロールすることを目的としています。

お子様のための治療

シーラント

乳歯の奥歯には深い溝があり、そこに溜まる歯垢が虫歯の原因になってしまうことが多々あります。その溝をクリーニングして樹脂(シーラント)で埋める治療が「シーラント」です。ただし、すでに奥歯に虫歯がある場合は行えません。虫歯になる前にシーラントを行うことが必要です。
フッ素塗布

「フッ素」には、歯の表面のエナメル質を強化して歯が溶けるのを防ぐ効果があります。さらに、虫歯菌によって溶けはじめたエナメル質を再び硬くすることができます(再石灰化)。当院では、マウストレーの中にフッ素液を染み込ませたろ紙を入れ、これをくわえて歯に塗るトレー法という方法でフッ素塗布を行っています。
PAGE TOP